Logo pour impression

開館時間

開館時間

美術館
火曜休館日と祝祭日を除く毎日10時~18時、金曜日は10時30分~18時。
12時30分~14時まで一部閉館。
開館時間変更の場合は美術館受付に掲示されます。電話受付は9時から。電話番号:33(0)4.72.10.17.40
チケット売り場は17時30分まで。
美術館展示室からの退出:17時50分より。
年12月8日9日1024日および31日の日曜日は例外的に17時に閉館(最終チケット購入時間16時30分、退出時間16時50から)。

料金

附属図書館

水曜日、木曜日、金曜日の14時~17時45分。
一般利用可。身体障害者のアクセス可能。
書籍は図書館内での閲覧に限られます。現行料金によるコピーが可能です。

資料室
水曜日、木曜日、金曜日の14時~17時45分。
一般利用可。身体障害者のアクセス可能。
資料閲覧の際には正当な理由に基づく申請が必要です。


夏は7時30分~19時まで、冬は7時30分~18時まで開園。
2008年12月24日および31日の日曜日は17時に閉園します。


快適な見学のために


クローク
衣類、小さな荷物、ベビーカーなどをクロークに預けることができます。
大きな荷物を美術館に持ち込むことはできません。

小さなお子様連れの方のために
背中に背負うタイプのベビーキャリーをお使いの方には、ソフトタイプの前向きのベビーキャリーや軽いベビーカーを無料でお貸ししています。

体の不自由な方
常設展および企画展へのアクセス可能。
体が不自由な方のために、常設展の受付に車椅子を用意しておりますのでご利用ください。
お客様の便宜を図るため、あらかじめ電話でご連絡くださるようお願いいたします(電話受付:33(0)4.72.10.17.40、月曜日~金曜日の9時~17時30分)。また、当日は17 place des Terreaux(テロー広場17番地)の受付までお越しください。


美術館の見学について

展示されている作品は大変デリケートで、それぞれ唯一の価値を持つものです。これらは何世紀にも渡る歴史を経た作品であり、未来へと受け継がれて行くべきものです。展示されている絵画、美術品、彫刻、家具にほんの少し手を触れただけでも、取り返しのつかない破損が生じます。それが1度ではなく1000回も繰り返された場合はなおさらです。私たち皆が受け継いできたこれらの文化遺産を守るために、皆様のご協力をお願いいたします。
禁止事項:
- 作品に手を触れること
- 展示室での喫煙や飲食
- フラッシュの使用
- 企画展での写真撮影
- 展示室での携帯電話の使用
- 美術館とその庭に、大きくて邪魔になる物を持込んだり動物を同伴したりすること
美術館には監視カメラが設置されています。
作品の撮影および複製の許可に関する条件(pdf, 15 Kb)


作品の展示場所
作品の展示場所が変更される場合もあります。特に、企画展の開催や、作品の他所への貸し出しがある場合にはその可能性があります。